ブログトップ

レイコさんの鹿児島スケッチ

おいしいは幸せ時間。鹿児島の「おいしい時間」を発信しています。 画像の上にマウスを置くと、記事のタイトルと記事が少し読めます。興味のある記事をチョイスしてくださいね! 記事や画像の無断転載はお断りいたします。


by レイコ

県立吉野公園のあじさいロードさんぽ 海紅豆はえび?


f0130557_16013702.jpg


きょうは県立吉野公園に出かけて来ました。1か月ぶりですね。
月1くらいのペースでお出かけしています。

本当はもっと行きたいのですが(ウオーキングのつもりなので)、
雨も多くなったから、今朝は起きて「晴れてる♪」「行こう♪」と
いうことにしました。

日曜日なんて、一歩も外には出かけられなかったのに、今はこんな風に
思いついたら、すぐに出かけられます。
でも、そんなに外出は得意ではありません。
いまだに、引きこもり気質が抜けないんですねえ。
ですから、料理教室も私にはかなりのハードルの高さなのです(^_^;)

基本的にほかの仕事はあまり人にお会いしません。メールでの発注が多く、
家ですむ仕事をやっている上に、家族も友達もいなくて、ふだん、どなたとも
お話をしないのに、教室でずっとお話をし続けるという落差が大きくて…。

お話をするのが嫌という意味でもないのです。
なんというのでしょうねえ。人と会うことのない秘境に住んでいる人間が
都会に出て行くという「感じ」とでも言えばいいのでしょうか(爆)
急な「緊張感」。人慣れしていない動物の「怯え」とでも言えば、近いですね。
と、語るほど、自分が阿呆だなと思いますが。たはは。

今日のお目当ては紫陽花ロードです。吉野公園には紫陽花が1000本も植えられているそうで、
道路に沿って、紫陽花、紫陽花、紫陽花…とかなりの見応えがあります。

f0130557_16151586.jpg
f0130557_16151751.jpg
種類は多くなくて、西洋アジサイと、ガクアジサイですが、
紫陽花は色の変化があるので、楽しめますね。

f0130557_16151947.jpg
この右上に、赤いものが写っていますね?

f0130557_16152242.jpg
カイコウズ(海紅豆)です。
いかにも南国的な名前と赤と緑のコントラストですね。鹿児島県の県木です。
f0130557_16252359.jpg
県木に指定されたことから、私が小さいときに過ごした新聞社の支局に植えられ、
父が「県木だよ」とおしえてくれたことを思い出します。

けれども、私の興味はこのマメ科の花が開く前の姿が、エビにそっくりだったので、
ひそかに、つぼみをもらって来ては、お皿に並べ、エビフライだということにして、
とても満足していたものでした(笑)

小さいときから、料理に興味があった私はおもちゃでも、プラスチック素材の
ものより、母が新聞をのりと一緒に煮て、精巧につくったかぼちゃの方が好きでした。
器用な母は野菜を本物そっくりに作り、絵の具できれいに塗っていたのです。
さらに、生ものの海紅豆のえびの方が、お気に入りだったのです。

もちろん、あそびでは飽き足らず、母がいないときに台所に立って、自分で
料理を作るのが好きになっていたのですが、母は私が料理に興味を持つのは
とても嫌がっていたので、「ひそかに作る」楽しみ。人に料理をおしえていた
母から、私自身は料理の手ほどきを受けたことがないのです。

実は料理の手ほどきをしてくれたのは兄で、ボーイスカウトで野外料理を
つくることができるようになっていた兄からおしえてもらった記憶が…。
カレーの作り方に、「そんなに簡単なのかあ」と驚いたものです。

けれども、子供が子供におしえるわけですから、
あとで気がつくと、間違ったことを覚えていたこともよくあったのでした(笑)
私のリボンの結び方が逆とか…。

私のカレーの腕は「お母さんのカレーより、レイコさんのカレーの方が
ずっとおいしい」というのが、兄の評価でした。

f0130557_16350421.jpg
紫陽花ロード以外も園内のあちこちに紫陽花がいっぱい。
サツキと紫陽花も。
f0130557_16381436.jpg
f0130557_16381760.jpg
紫陽花ロードは門を入って、管理事務所の先をすぐに入ります。
こんなぐりぶーが案内してくれていますよ。
f0130557_16394542.jpg


鹿児島県立吉野公園
鹿児島市吉野町7955
099-243-0155
開園時間4-6月 9月 6:00~19:00 
入園無料 無休
吉野公園のHP こちら
吉野公園のブログ こちら




[PR]
トラックバックURL : http://kfoodpa.exblog.jp/tb/24109469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kago-fp | 2015-06-07 16:55 | かごしまさろ記 | Trackback